風俗嬢でもクレジットカードが申し込めるって本当ですか?

翼です。

ボーナス前で少し客足が落ちてますよね。
そういう時はいかにリピーター客を掴んでおくか、が肝心なのですが 今日はクレジットカードの話です。

お金に困ったとき

風俗で働いてるみんなは、やっぱり「お金に困っている」から働いているんですよね?

どうしても月末までに〇万円欲しい!

ボーナス払いの引き落としがあるのにボーナスが減額されそう

同級生の結婚式に着て行く服と靴を買って、お祝い金も貯めなくちゃ!

旦那さんの借金が発覚

お金に困る様々な理由が風俗嬢の数だけあると思います。

だから短時間で高収入を得られる風俗で働いているんですよね。

でもはじめにも書いたように暇な時期です。

この暇な時期の乗り切り方、はまた別で書くとして目の前の支払い、どうしましょう?

少しだけのお金なら簡単に助けてくれるものがあるんですよ。

クレジットカードのキャッシング枠です。

 

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは「クレジットカード会社と契約そてお金を借りること」です。

キャッシングとはカード会社から借金をする ということです。

クレジットカードの仕組みはショッピング(買い物)でもキャッシングでも同じくクレジットカード会社がお金を貸してくれている状態です。

  • カードを使って1万円の服を購入:支払いは1ヶ月後、ということはその間カード会社からお金を借りている状態
  • カードを使って1万円をキャッシング:支払いは1ヶ月後、これもカード会社からお金を借りている状態

なので、カード会社とクレジットカード契約を結んでいるとクレジットカードで買い物もできるし、そのカードを使ってお金も借りることもできるのです。

 

クレジットカードでお金はいくらまで借りられるの?

 

クレジットカードのキャッシングではいくらまでお金を借りることができるのでしょうか?

これはクレジットカードで買い物可能な利用限度額と同じく「キャッシング枠」という利用可能額が設定されています。

その設定次第で借りられる金額は変わります。

  • キャッシング枠が50万円に設定されていれば50万円以内の借り入れは問題ありません
  • 10万円のキャッシング枠なら10万円以上の借り入れはできません

※利用限度額(ショッピング枠)とは違ってキャッシング枠が0円に設定されていることもあります。

 

便利なキャッシング

 

クレジットカードを持っていればコンビニでもお金が借りられるクレジットカードのキャッシングですが、ひとつだけ注意するところがあります。

キャッシングには手数料が必要 なんです。

ショッピングの1回払いは手数料が不要ですが、キャッシングには金利手数料を払わないといけません。

ショッピング(買い物) 1回払い:手数料は不要
キャッシング:金利手数料が必要

※ショッピングでも1回払い以上になると手数料が必要になります。

手数料を払わないとダメなの?って、金利を払わずにお金を貸してくれる人や企業などありませんよね。

それは住宅ローンやオートローン、奨学金だって同じです。

キャッシングを使うときには「金利手数料」が少なからずかかる、ということは覚えておいてください。

ちなみにキャッシングの金利負担はリボ払いとほぼ同じです。

1ヶ月あたり1.5%程度、年率に直すと18%程度のところが多いです。

年利18%のキャッシングを利用したら

  • 1万円を1ヶ月借りる:150円の金利手数料
  • 1万円を1年間借りっぱなしにする:1,800円の金利手数料

けれどもクレジットカードを持っていなかったらどうしますか?

 

風俗嬢でも申し込みして審査が通るクレジットカード

 

お店に頼んで在籍証明をしてくれたり、在籍確認をしてもらえてもクレジットカードの審査、通りにくくありませんか?

クレジットカードの審査はカード発行会社や種類によって審査基準が違います。

審査が甘いところと厳しいところがあるので審査に通るところと通らないところがあります。

カードの審査に通らない貴女へ審査基準が少し甘めのクレジットカードを紹介しますね。

 

楽天カードの審査基準

 

楽天カードは審査基準を公開していません。

これは楽天カードだけではなく多くのクレジットカード会社も同様です。

直接 電話で聞こうがメールで問い合わせしようが、教えてくれることはありません。

けれどもネット上の情報を見てみると審査基準はちょっぴり甘いようです。

楽天カードの入会条件は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」これだけです。

その入会条件を見てみると・アルバイト、パート、学生でも可と書かれています。

その意味は年収が50~100万円前後しかない方でも申し込める、ということです。

アルバイトで年収500万以上稼ぐ人はいませんよね。

楽天カードは年収100万円程度しかなくても申し込み、発行に問題がないということです。

フリーターや派遣社員の方でも楽天カードを入手したと聞きます。

収入のない専業主婦の方でも自分名義のクレジットカードを発行することができるのです。

・老齢年金や障害年金などの年金受給者でも発行可能
・60歳以上でも発行可能
・株式投資やFX投資をしている収入が不安定なトレーダーの方でも発行可能
・個人事業主や自由業の方でも発行可能
・期間工、期間従業員でも発行可能

収入が0円の無職以外であれば、楽天カードの審査対象になりカードが発行される可能性があるんです。

 

無職の人にクレジットカード

 

無職の人はほとんどクレジットカードをつくることは出来ません。

クレジットカードを作るにはなんらかの仕事に就くことが必要です。

風俗で働いている、ということは無職ではないのですが会社に所属しているわけではないので、在籍のお店にアリバイ会社があるかどうか聞いてみましょう。

 

楽天カードの審査難易度

 

楽天カードは年収が低い方でも専業主婦の方でも問題なく入手できるクレジットカードです。

あとは今までのあなたのクレジットカードの利用歴や返済歴がどのようになっているか、が審査の要です。

過去にクレジットカード会社ともめ事をおこした、お金の支払いを踏み倒してしまった、というようなCIC(信用情報機構)やJICC(日本信用情報機構)に情報が記載されている人の場合楽天カードを作ることは無理でしょう。

任意整理や自己破産の経験がある方も債務整理から7年が経過して信用情報がきれいにならない限りはクレジットカードの作成はあきらめておいた方が無難です。

いわゆる「ブラック」の人はいかに楽天カードの審査基準が甘いとしてもあきらめた方がいいようです。

ブラック歴がないのなら風俗で働いていても楽天カードに申し込んで発行される可能性はありますよ。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

 

やっぱり金利手数料もかかるので借りずに済むなら借りないのが一番ですね。

では次はヒマな時期にヒマな嬢でいないようにする方法を教えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です