短期間で確実に痩せるダイエット方法を教えます【現在進行形】

翼です。

前回5キロ太った、と書いてから1キロ絞れました!

この身体まであと4キロ!がんばります。

今日はどうやって痩せているか、教えますね。

 

確実に痩せる方法

 

絶対に痩せる!ダイエット方法を教えます で書きましたが私が確実に痩せる方法は有酸素運動である「走る」ことです。

ランニングで体重を1kg落とすには150kmを走る必要がある、と前にも書きました。

ということは前回の記事が5月9日だったので10日ほどで150km走った???

さすがにそれは無理です。

1日15kmなので走る時間さえあれば無理なことはないのですが、お仕事が少しバタバタしていてランニングの時間があまり取れませんでした。

その代わりに何をしたか?というと「筋トレ」です。

 

「筋トレ」は痩せる

 

実は今までちゃんとした「筋トレ」をした事がなかったのですが走っていることもあり体力には自信があったんですよ。

ところが近所にボルダリングの出来るスポーツジムがオープンしたので体験しに行ってみたところ、全然登れないんですよ。。。

体組成計で測った数値を見てジムのインストラクターさんに「体形の割に脂肪が多いですよ」と言われてしまったのです。

「筋トレをするとムキムキになる」と聞いたことはありませんか?私もそう思っていて「筋トレ」に抵抗があったのですが、筋トレをする筋肉の種類を適切に選べば絶対にムキムキになることはないんですよ。

そしてランニングをはじめとした「有酸素運動」と筋トレをはじめとする「無酸素運動」を比べてみると「筋トレ」の方がはるかにダイエットに有効なんです。

ランニングは酸素を消費して運動を続ける有酸素運動です。筋トレは筋肉内のグリコーゲンを消費する短時間の無酸素運動です。ダイエットに適切な運動カロリーを消費するために必要な時間は有酸素運動は筋トレの3倍の時間が必要と言われているんです。このことからも筋トレの方がダイエットには時間的に有効なんですよ。

また有酸素運動は運動をしていない時はカロリー消費が発生しません。一方の筋トレは適切な筋トレをしたあとは筋肉痛になり、その筋肉痛を回復(新陳代謝)させるために、運動をしていない時でもカロリー消費が発生するんです。

運動をしていない時でも運動をしているのと同じ状態になるんですよ。

それに筋トレを続けると筋密度が向上して、基礎代謝の高い「太りにくく痩せやすい体質」になるんです。

 

短期間で痩せる方法

 

10日間で1キロ、かなり短期間で痩せたと思いませんか?

ちょっとガッカリしましたか?でも「1週間で3キロ痩せる」や「1ヶ月で10キロ痩せる」は絶体にウソですよ!

できないこともないですが「1週間で3キロ痩せる」なら利尿剤を飲めば痩せる=体重は減ります。

でもそれは厳密には「痩せた」のではなく体内の「水分量が減った」だけなんですよ。利尿剤ですから身体内の水分を薬の作用で無理矢理排出しているだけなんです。それを痩せる、とは私は言いません。

「1ヶ月で10キロ痩せる」も元の体重が80キロほどもあれば簡単ではないですが、出来ないこともないですよね。

そんな簡単な言葉に騙されないでくださいね。

ダイエットは「王道」が一番なんですよ。

 

「筋トレ」の方法

 

筋肉の種類

ムキムキな身体にならないためには鍛える筋肉を選びましょう!

筋肉には鍛えると肥大化する「瞬発筋・速筋」と 鍛えても筋肥大せず筋密度があがるだけの「持久筋・遅筋」の二種類があります。ダイエットには筋肥大しない「持久筋・遅筋」を選んで筋トレをします。

その方法は全ての筋トレのセットを、30回の反復動作で限界がくるくらいの軽めの負荷設定にします。この設定なら、筋肥大する速筋が運動に関係することがないので、ムキムキにならずにしなやかな女性的で引き締まった身体作りが可能になります。

嬉しいことに持久筋は筋肥大はしませんが筋密度はあがるので「基礎代謝の高い痩せやすく太りにくい体質」になるんです。リバウンド防止にも筋トレは最適です。

 

自重トレーニング

自分の体重を負荷に使うのが「自重トレーニング」です。腕立て伏せとかですね。

 

チューブトレーニング

トレーニングチューブを使って負荷をかけるのが「チューブトレーニング」です。

 

バランスボール

バランスボールの反発力を負荷に使います。

 

ダンベル

ダンベルで負荷をかけます。あまり重いものは必要ありません。

 

呼吸法

筋トレの呼吸法の基本は「力を入れるときに息を吐き、戻る時に息を吸う」です。

これを「鼻から息を吸い、口から息を吐く」ように意識すると換気率があがり、筋トレの動作をしながら有酸素運動の効果が得られるようになります。

 

ダイエット効果を高くする方法

 

一つの部位の筋トレをするとその筋肉が回復するのに72時間かかるので全身の筋肉をグループ別に分割してローテーションをしながら毎日筋トレをしていくのがとても効果的で効率的です。

・月曜日:胸を中心にした筋肉

・火曜日:腰まわりの筋肉

・水曜日:下半身の筋肉

・木曜日:腹まわりの筋肉

・金曜日:背中を中心にした筋肉

・土、日曜日:休養日、または有酸素運動

ダイエットには「王道が一番!」なんですけど少しだけ何かで代用できるところがあれば嬉しいと思いませんか?

菊地亜美もお腹周り-10cm【VアップシェイパーEMS】 はあの菊地亜美ちゃんも使って簡単にお腹周りが10cmも減ったというシェイパーです。

筋トレの時間がとれなくても薄くて軽いシェイパーなので日常的に使えるんですよ。

しかも着用しているだけで1秒間で60回振動しているんです。

つらい腹筋運動もラクラクですね。

手を抜けるところは抜いてダイエットを成功させませんか!

 

まとめ

 

短期間で1キロ減ったことに気を抜かずにまだまだダイエットがんばりたいと思います!

もしよければ私と色々な話をしながら一緒にダイエットしませんか?

お友達登録のあと連絡くださいね

http://line.me/ti/p/%40oom7963j

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です