【女性の悩み】誰にも言えない、聞けないおりものの話

どんなに親しい友達でも言えない、聞けない「おりもの」の話です。

 

おりものとは

 

「おりもの」とは子宮頸部や膣からの分泌物や子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合った粘性の分泌液のことです。

通常は無色透明で粘性が強いときもあれば、水っぽいときもあります。

膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きをしています。

下着の汚れの原因になったり、とネガティブなイメージのある「おりもの」ですが身体を健康に保つために大切な役割をしています。

 

おりものの働き

 

おりものは膣内を酸性に保って雑菌を防いだり、古い細胞などの老廃物を対外に排出したりすることで膣内の清潔を保つという役割をしています。

女性の性器は外性器から内性器(膣、子宮)までが一本に繋がった器官です外性器から内性器まで直接繋がっているので雑菌が入りこむと増殖しやすい環境であり、雑菌が付着しやすいので大切な生殖器を雑菌から守るために「おりもの」が分泌されています。

「おりもの」の量や質は生理の周期に合わせて変化し受精環境を整える、という役割もあります。

女性の身体を健康に保つための大切な役割をしているのが「おりもの」なのです。

 

おりものの色や匂いの違い

 

健康な時のおりもの

身体が正常なときのおりものの色は透明か乳白色です。

ただ外部に出てくるまでに膣の粘膜の細胞や粘液などさまざまなものが混じるので、多少クリーム色が強くなっても正常の範囲内です。

匂いは基本的には無臭です、若干酸っぱい匂いがすることがあっても正常の範囲内です。

 

水っぽいおりもの

胃腸が弱っていると水っぽいおりものが普段より多量出ることがあります。

クラミジア頸管炎(性病)の可能性もありますので、婦人科への受診を考えましょう。

 

ヨーグルト状のボソボソとしたおりもの

強い痒みを伴っているなら カンジダ膣炎(性病)の可能性が高いです。

早急に婦人科を受診しましょう。

 

膿のような黄色や鼻水のような黄緑色のおりもの

淋菌感染症(性病)や、大腸菌などの細菌性の膣炎である可能性が高いです

早急に婦人科を受診しましょう

 

腐ったような強い悪臭のするおりもの

膣内に雑菌が繁殖していたり、異物が残っていたりするとおりものの匂いが強くなります。

痒みを伴うならトリコモナス膣炎(性病)の可能性もあります。

早急に婦人科を受診しましょう。

 

ピンク色や茶色のおりもの

ピンク色や茶色のおりものは、おりものに血が混じっている状態です。

不正出血をしている、というサインなので婦人科への受診を考えましょう。

 

性病かな?と思ったら

 

おりものの量や匂いが普段と違ったときには婦人科を受診しましょう。

でも病院に行く時間がなかったり少し恥ずかしかったりしますよね。

そんな時には自宅で簡単に「性病検査」が出来るキットがあるんですよ。

最短で2日後には検査結果がweb上に出るので早いし、同居の家族にもバレる心配がなくて安心ですよね。

検査キットはこちら

自宅で簡単性病検査

予防会

まとめ

 

自分の身体を知ることは大切です。

もしもどうしても不安なときはLINE@お友達登録後にお気軽に連絡ください。

http://line.me/ti/p/%40oom7963j

誰にも言えなかったり、聞けない話をしませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です